善玉菌と便秘

腸内が悪玉菌優位の状態になってしまうと便秘になりやすくなってしまいます。その理由は悪玉菌というのは腸内で有害物質を作り出してしまうからです。これが腸壁の細胞をどんどん傷つけていきます。それによって癌になってしまったり、肝臓が弱ってしまう可能性があります。腸内をアルカリ性にしてしまうため、免疫力が低下する可能性もあります。さらに便秘になってしまったり、おならが臭くなってしまうこともあるのです。

悪玉菌というのはどんどん有害物質を作り出してしまうため、これを止めない限りは腸内環境の悪化は止まらないでしょう。便秘だけではなくて、さまざまな悪い影響を与えてしまうのです。これを改善するためには善玉期が必要となるのです。

腸内が善玉菌優位の状態になると、悪玉菌が有害物質を作らなくなります。そして、善玉菌が有機酸を作り、それが効果的に働いてくれます。悪玉菌がいると腐敗が進行してしまうのですが、有機酸があればそれを阻止してくれます。有機酸によって悪玉菌の繁殖を止めたり、有害物質が吸収されるのを防ぐことができるのです。腸の蠕動運動を活発にする作用も有機酸にはあります。これらの作用によって、便秘を防ぐことができるのです。

オリゴ糖が餌になる

野菜善玉菌を増やすためには善玉菌を含んでいる食品を食べることが大切です。さらに善玉菌が喜ぶものを積極的に摂りましょう。それは善玉菌の餌となるものです。善玉菌はオリゴ糖を栄養源としています。そのため、どんどんオリゴ糖を摂取することによって、腸内にいる善玉菌を元気にすることができるのです。

オリゴ糖というのは胃腸で消化されることなく、そのまま大腸まで届きます。オリゴ糖を含んでいる食品としては、牛乳やたまねぎ、バナナ、アスパラガスなどがあります。これらを積極的に食べると良いでしょう。また、オリゴ糖の他にもグルコン酸も善玉菌の餌となります。餌がどんどん増えれば、その結果として善玉菌もどんどん増えてくれるでしょう。はちみつにはオリゴ糖とグルコン酸が両方含まれているため、おすすめの食材となっています。さらに食物繊維も積極的に摂取しましょう。

このようにオリゴ糖というのはいろいろな食物に含まれているため、普段の食生活を改善させることが、オリゴ糖を増やすための役に立つでしょう。善玉菌を増やすための食生活を心がけてください。そうすることによって、腸内の環境が改善されていけば、大きな効果を期待できるのです。便秘も解消されるでしょう。

善玉菌とは

人間の健康に大きく関わっているのは腸です。腸というのは多くの生物に存在している消化器官であり、生物の基本であるといえるでしょう。中には腸の機能だけを持っているような生物も存在しているのです。

便秘腸は第二の脳と呼ばれることもあります。脳とも互いに影響しあっているとされているのです。そのため、腸内の健康状態が悪化してしまうと、それが脳にまで影響してしまいます。体全体が不調になってしまう可能性もあるのです。腸内の状態を良好に保つことはとても大切なことです。

そんな腸なのですが、腸内には細菌がいます。善玉菌と悪玉菌という2つのタイプの菌がいるのです。これらは平和共存しているわけではなくて、互いに勢力を拡大しようと争っている状態となっています。これらが均衡しているのが通常の状態なのです。ただし、このバランスが不安定になってしまうと日和見菌が勢力を伸ばします。日和見菌は善玉菌と悪玉菌のうち優勢な方の味方をする性質があるのです。これによって、悪玉菌が優勢になってしまうことがあります。そうなると健康にさまざまな影響が出てしまうのです。そのため、腸内の善玉菌を増やすことは健康を維持するために必要なことです。

この善玉菌を増やすためにはオリゴ糖が大きく関わっています。オリゴ糖が餌になるとされているのです。また、善玉菌を増やすことによって便秘を解消できることが分かっています。これらについて詳しく解説しましょう。善玉菌を増やして腸内環境を整えましょう。