善玉菌と便秘

腸内が悪玉菌優位の状態になってしまうと便秘になりやすくなってしまいます。その理由は悪玉菌というのは腸内で有害物質を作り出してしまうからです。これが腸壁の細胞をどんどん傷つけていきます。それによって癌になってしまったり、肝臓が弱ってしまう可能性があります。腸内をアルカリ性にしてしまうため、免疫力が低下する可能性もあります。さらに便秘になってしまったり、おならが臭くなってしまうこともあるのです。

悪玉菌というのはどんどん有害物質を作り出してしまうため、これを止めない限りは腸内環境の悪化は止まらないでしょう。便秘だけではなくて、さまざまな悪い影響を与えてしまうのです。これを改善するためには善玉期が必要となるのです。

腸内が善玉菌優位の状態になると、悪玉菌が有害物質を作らなくなります。そして、善玉菌が有機酸を作り、それが効果的に働いてくれます。悪玉菌がいると腐敗が進行してしまうのですが、有機酸があればそれを阻止してくれます。有機酸によって悪玉菌の繁殖を止めたり、有害物質が吸収されるのを防ぐことができるのです。腸の蠕動運動を活発にする作用も有機酸にはあります。これらの作用によって、便秘を防ぐことができるのです。