善玉菌とは

人間の健康に大きく関わっているのは腸です。腸というのは多くの生物に存在している消化器官であり、生物の基本であるといえるでしょう。中には腸の機能だけを持っているような生物も存在しているのです。

便秘腸は第二の脳と呼ばれることもあります。脳とも互いに影響しあっているとされているのです。そのため、腸内の健康状態が悪化してしまうと、それが脳にまで影響してしまいます。体全体が不調になってしまう可能性もあるのです。腸内の状態を良好に保つことはとても大切なことです。

そんな腸なのですが、腸内には細菌がいます。善玉菌と悪玉菌という2つのタイプの菌がいるのです。これらは平和共存しているわけではなくて、互いに勢力を拡大しようと争っている状態となっています。これらが均衡しているのが通常の状態なのです。ただし、このバランスが不安定になってしまうと日和見菌が勢力を伸ばします。日和見菌は善玉菌と悪玉菌のうち優勢な方の味方をする性質があるのです。これによって、悪玉菌が優勢になってしまうことがあります。そうなると健康にさまざまな影響が出てしまうのです。そのため、腸内の善玉菌を増やすことは健康を維持するために必要なことです。

この善玉菌を増やすためにはオリゴ糖が大きく関わっています。オリゴ糖が餌になるとされているのです。また、善玉菌を増やすことによって便秘を解消できることが分かっています。これらについて詳しく解説しましょう。善玉菌を増やして腸内環境を整えましょう。